MENU
Close 

      2017/04/06

銀座の人妻ホテヘル嬢に聞いた「こんなお客さんはこりごり!」

 

銀座の人妻ホテヘルで働く女性は、数多くのお客様と接しています。その中に良いお客様と認識している方もいれば、もう二度と御免と思うお客様もいるのが事実です。銀座の人妻ホテヘルを利用するにあたって、当然楽しみたいと思うはずです。となると、どういったお客様が好かれないのかを知ることに大きな意味があります。まず基本となるのは、プライベートについての質問をするお客様です。風俗嬢として働く以上、様々な事情があってお金がほしいと思っているのは分かるでしょう。にもかかわらず、なぜ風俗嬢として働いているのか、こんな仕事をしていてはダメなどのことをいってしまうと、気分が良い訳はありません。お客様と風俗嬢という立ち位置を考慮し、あまり突っ込んだ質問は避けるようにすべきです。また、AVのようなプレイを求めるお客様も好かれません。AVでのプレイはあくまでもファンタジーです。実際に女性が喜びプレイではありません。しかし、要求してくるお客様もいるもので、まず好かれないお客様にカテゴリーされます。

また、しつこく連絡先を聞くのもNGです。連絡先の交換をしている風俗嬢もいるものの、全くしないという風俗嬢も少なくありません。しつこいメールや電話で店外を狙っていると思われるケースも多く、最悪の場合はストーカー行為に発展する場合もあります。連絡の交換をするのなら、あくまでも風俗嬢側が問題ないと判断した時であって、お客様側からの提案は基本的にNGです。インターネット全盛の時代になり、SNSで誰と会ったのかがすぐに分かる時代です。簡単に店外で会えるなどで書き込みをされると、別のお客様にも影響してしまうからこそ、連絡の交換には非常に敏感です。

さらに、生理的に無理と思う不潔なお客様にも不快と思うのは当然でしょう。性器、口内、脇、頭皮などの匂いはしっかり気を付けてほしいと思っているのが本音です。お客様からすれば、シャワーを浴びるからこそ同じと思う方もいるでしょう。しかし、シャワーを浴びる前からプレイはスタートしているというのが風俗嬢側の捉え方です。シャワーや歯磨きは、これから臭いや汗を落とすものではありません。清潔にしてもう大丈夫ということを認識してもらうための時間です。この認識の違いが好かれないお客様に該当してしまう理由になる場合もあります。少しの投資をすれば、臭いや汗を利用前に落とせるはずです。この少しの心づかいが、風俗嬢に良いお客様と認識してもらえるかどうかの境目になります。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です