MENU
Close 

      2017/04/25

箱ヘルは絶滅するのか?錦糸町の状況は?

 

錦糸町には500店舗以上の風俗店が存在しています。その中で目立つのが無店舗型の風俗店の多さです。無店舗型の風俗店は今の時代に非常に合っているのは間違いありません。開業に伴う費用を抑えられるとともに、ランニングコストも抑えられます。風俗店を開業すれば必ず儲かるという時代ではないからこそ、当然考えるのはリスクを抑えることです。となると、店舗型の風俗店よりも無店舗型の風俗店に分があるのは明白といえます。地域によっては無店舗型の風俗店しか存在しない場合もあります。錦糸町の場合はまだ店舗型ヘルスやホテヘルやピンサロなどの店舗型の風俗店が多い方であるのは間違いありません。錦糸町の場合を考えると、店舗型の風俗店が絶滅するということは考えにくいです。これは錦糸町には既に多数の店舗型の風俗店が存在していることが大きく関係します。

お客様からすれば、やはり店舗型の風俗店を利用するにあたって、店舗数が充実している地域をするという心理になります。錦糸町には既に完成されたといっても過言ではないほどの状況が整っています。これが錦糸町には店舗型の風俗店が絶命しない理由になります。しっかり集客が見込める環境にあるのは、開業に伴う費用やランニングがかかってもお店を出すだけの理由になるからです。また、もう一つの大きなポイントになるのが、錦糸町は高給取りのサラリーマンが非常に多い点です。この不景気においても、高給取りのサラリーマンの利用が見込めるのは大きなポイントになります。しっかり集客が見込めて女性も稼げるから応募者も多くなるという好循環に繋がり、さらに利用者が多くなる理由にも繋がるといえるでしょう。

今の時代は間違いなく無店舗型の風俗店が主流です。これからさらに無店舗型の風俗店が多くなっていき、店舗型の風俗店の立ち位置は難しいものになっていくと予想されています。しかし、これはその地域によって変わっていくものです。錦糸町の場合は店舗型の風俗店がなくならないだけの理由がしっかりあります。若い女性を中心にしたお店もあれば、人妻系のお店も少なくありません。コンセプトに合わせての選択もできる環境であるのも大きく、他の地域から錦糸町に風俗遊びを目的に足を運ぶ方も多いです。お客様にとって、風俗店で働きたいと思う女性にとって、錦糸町の環境は魅力であるのは間違いありません。この厳しい時代でも、生き残っていける理由がある地域は決して多いとは言い難いです。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です